1. HOME
  2. ブログ
  3. コラム
  4. 外壁や建物の修理を大手ハウスメーカーや大手不動産に相談するのは大損

column

コラム

コラム

外壁や建物の修理を大手ハウスメーカーや大手不動産に相談するのは大損



         

外壁や建物の塗装が剥がれたなどのトラブルでまず大手に電話していませんか?

外壁や建物の塗装修復工事をしても、また剥がれたりひび割れ、変色や水漏れをするけど、使い方が悪いのかな?
そんなことはありません。
同箇所の外壁や塗装トラブル再発の原因はほぼ100%と言っていいほど、粗悪な塗装・外壁修繕工事業者による施工不備です。
経過年数により自宅やビルなど建物が劣化してトラブルが起こることはもちろんあります。
ただ、一度補修・修理をしてもまた再発したとしたら、選んだ塗装・外壁修繕工事業者が悪いと断言できます。

どのような塗装・外壁修繕工事施工不備で再発するのでしょうか?
優良な塗装・外壁修繕工事業者の見分け方は?

塗装・外壁修繕工事の施工不備

自宅もビルもマンションも、建物を建てるときには、さまざまな業者が携わり、それぞれの設備や工法、溶剤や職人をもちいて建設していきます。
建物の設計段階からかなり複雑な場合も多く、建物ごとに特性ややるべき施工方法が異なります。
その個々の特性に完全に対応したり、見極めることが難しい場合に、防水工事業者も施工不備という問題を起こします。
もちろん、最初から安さを売りにしていて、施工は手を抜くというスタンスの塗装・外壁修繕工事業者も多いのも現実です。

もう塗装・外壁修繕工事にお金をかけたくない!

自宅やマンション、ビルの建設時の塗装・外壁工事を行った業者が、優良業者であるという自信があれば、最初の塗装・外壁修繕工事はその業者に相談しても良いかもしれません。
ただ、2回目となると1回目の業者は避けたほうが無難です。
1回で原因を解決してくれる優良な塗装・外壁修繕工事をしっかり確保し、常に建物の悩みはその塗装・外壁修繕工事に相談できる状態にすることが大切です。

大手ハウスメーカーや大手不動産は何社も下請けを挟みます

大手ハウスメーカーや大手不動産業者に塗装・外壁修繕工事を依頼するのはNGです。
なぜなら、大手ハウスメーカーや大手不動産には塗装・外壁修繕工事のノウハウは無いのです。そのため、ほとんど下請けに外注します。
会社が大きければ大きいほど、第一次下請け、第二次下請け、第三次下請けのように中間マージンばかり引かれて、お客様が支払った金額にみあう丁寧な塗装・外壁修繕工事は、末端の現場では叶わないのです。

それなら、どこに相談するの?

下請けをいくつもはさむ業者より、ローカルな塗装・外壁修繕工事業者でも元請けでお客様と直接やり取りをする塗装・外壁修繕工事工事業者を選びましょう。
この場合、元請けと施工する業者が一緒なので、責任の所在もはっきりすることから、大手よりしっかり丁寧に塗装・外壁修繕工事を行ってくれます。

ローカルの塗装・外壁修繕工事業者とは言っても、優良業者を見分けられない

地元の塗装・外壁修繕工事業者で優良塗装・外壁修繕工事業者と粗悪な塗装・外壁修繕工事業者との違いは、主に下記から判断できます。

優良塗装・外壁修繕工事業者

・現場を見て、原因をピンポイントに明言した上で見積もる
・この時、外壁の表面だけでなく、内側の構造も考慮して見積ったり原因特定している
・高所作業の経験値も高く、熟練職人を保有している
・万が一、外壁が汚れたなどの不備が発生しても誠実に対応してカバーする

上記を行ってくれる優良塗装・外壁修繕工事業者を選べば、再度塗装・外壁修繕工事をすることはないでしょう。
見積りをするのに、サイト上だけ、写真だけ、部屋でのお話だけで金額を出してきた場合、まず粗悪な塗装・外壁修繕工事が行われると思ったほうが良いでしょう。

関連記事