1. HOME
  2. ブログ
  3. コラム
  4. 賃貸マンションの塗装工事でセキュリティが不安

column

コラム

コラム

賃貸マンションの塗装工事でセキュリティが不安



         

賃貸マンションでの塗装工事で防犯が必要な理由

・盗難
・盗撮
・物の破壊
・住居への侵入

が起こる可能性があるからです。

盗難

現在では宅配物を「置き配」にする傾向もあり、普段なら気づかれやすい犯罪も、足場や足場用メッシュシートで覆われ、職人が行き来する工事中は、さりげなく盗難することもの可能です。
宅配物だけでなく、家の外に置いてあるものも盗難リスクが上がります。

盗撮

工事中は足場が組まれるため、普段はできない夜中に2階以上の部屋の侵入不可な場所の窓にカメラを設置できてしまいます。

物の破壊

外壁塗装工事のどさくさに紛れて器物破損をする人もいます。
職人の不備とは限りません。

住居への侵入

外壁工事中は足場が組まれており、必死で人目を気にしてよじのぼってベランダなどに侵入しなくとも、やすやすとベランダなどに入ることができます。
夜中にベランダに侵入し、窓が開いたところを侵入するなどの手口もあります。

外壁塗装の工事で行うべき防犯対策

カーテンを閉める

プライバシーを守るだけでなく、どんな人が住んでいるのか情報を与えないことも大切です。

窓を施錠する

通常の窓の鍵はもちろんですが、二重鍵を各窓に必ず設置しましょう。
そして、外出時だけでなく家に居る際も、換気は極力最小にし、ダブル施錠するようにしましょう。小さなお子様がいる家庭では、少しの隙も危険が高いため、窓や玄関の施錠に注力して下さい。

業者を家に入れない

まともな外壁塗装工事業者なら、工事中、居住者の家に入ることはありません。
万が一、話しかけられて入室を促されても、家に入れてはいけません。

防犯機器を設置する

防犯カメラは現在屋外タイプのものでも1万円程度で通販で購入できるので、防犯カメラや防犯ブザーなど、防犯機器を設置しましょう。

外壁塗装工事中は足場があるという危機感を常に持ちましょう

外壁塗装工事は2階以上の部屋でも安易に登ってこられるという状況を把握し、窓や玄関の二重施錠や、カーテンによるプライバシー保護など厳重に注意しましょう。

関連記事