1. HOME
  2. ブログ
  3. コラム
  4. 格安塗装をするとかえって費用が膨大になる理由

column

コラム

コラム

格安塗装をするとかえって費用が膨大になる理由



         

「格安」をキーワードに塗装業者を探すと陥る危険

塗装業者を探すときに、どの業者に依頼して良いか分からず、とりあえず「安い塗装業者」を検索してしまうと、実は結果的に高額な費用負担をすることになります。
それは、次のケースが考えられるためです。

安さを追求した塗装工事を施工されて、不備や欠陥が多く再度塗装工事をやり直すことになる

これは恐ろしいですが、よくあることです。塗装業者に見積もりを取って、現場調査や症状、原因箇所の特定もせず格安に見積書を提出してくる塗装業者は、そもそもちゃんと施工する体制ではありません。
塗装工事は、無免許でもできてしまう工事ですが、その施工には長年の経験と知識、確立された技術が必要なため、本当にしっかりしている塗装業者は、社内に有資格者が複数居たり、建設業許可も有効期限が切れていない状態で保有していることが多いです。
現場をしっかり見て原因をある程度特定して、きちんとした説明を基に見積書を提出する塗装業者でないと、かなりの確率で、数年後、早いと1年後には再度塗装工事をやり直すことになります。
格安を売りにする塗装業者には、施工の工程を省略する塗装業者も多いのが現実です。

ネット上で最安をうたっていても、実際依頼するまでに見積額が膨らむ

塗装業者を探す際に、一括見積サイトを使用することがあるかもしれませんが、一括見積サイトは、よく分からない全国の塗装業者に自分の個人情報を流すようなものです。ダイレクトメールも増えますし、もしかしたら有効な個人情報としてリストを利用されるかも知れません。そして、条件検索などで最安の地元の塗装業者を探し出し、ネット上の見積もりを取って依頼しても、実際の塗装工事を依頼する段階では、ネットで提示された見積価格から高くなることもあります。
信用できない塗装業者データベースから一括で探した塗装業者は、粗悪な塗装業者が多く含まれていても、ユーザー側は守られません。

費用は「格安」より「適正価格」が安い

では、格安で探すと結果的に費用がかさむので、高い塗装業者に依頼すれば良いの?という訳でもありません。
塗装業者が現場をしっかり調査してくれる、原因箇所を特定して、丁寧な説明のもとに適正価格を提示する塗装業者なら、結果的に塗装が長持ちし、塗装工事時の住民対応にも注力してくれるので、スムーズで安くなります。
提示された見積価格の根拠をちゃんと説明できる塗装業者を選びましょう。

関連記事