1. HOME
  2. ブログ
  3. コラム
  4. カーテンを開けてもプライバシーを守りたい

column

コラム

コラム

カーテンを開けてもプライバシーを守りたい



         

カーテンを開けて採光はそのままに、外から見たら家の中が見えないようにしたい方は多いと思います。
子供部屋や女性の一人暮らし、お年寄りのお住まいなどは、外から部屋の中が見えるだけで犯罪行為の標的にもなるからです。
カーテンを開けても、プライバシーフィルム(目隠しフィルム)が貼ってあると、外からは中の様子を見ることはできません。
価格も安価でDIYでもなんとかなるくらいですので、ぜひお試しください。
※お部屋の小窓くらいなら、市販のプライバシーフィルムを購入して挑戦も良いですが、リビングの大きな窓や店舗や会社の壁一面ガラスのような窓にはDIYではトラブルになります。
大きな窓や店舗・オフィスのガラス面を採光しながらプライバシー保持したい場合は、専門の業者に依頼して下さい。
外壁塗装業者の中にも、プライバシーフィルムの施工ができる外壁塗装業者も存在します。
気になる方でもし外壁塗装を考えられている場合は、窓のプライバシーを相談してみると解決するかもしれません。

プライバシーフィルムには様々な種類

一部を紹介します。カラーバリエーションや遮光具合などプライバシーフィルムは見た目にも機能にも種類がありますので、施工される際は業者に相談して下さい。

ハーフミラーフィルム(ミラー遮熱フィルム)
昼間は外から部屋を見ると鏡面のように外の景色が映り込み、部屋の中が見えません。
夜間は部屋から外を見ると鏡面のように部屋の中が映し出されます。
ミラーフィルムは夜間はカーテンを閉める必要があるということです。

すりガラス調フィルム/グラデーションタイプ目隠しフィルム
採光そのままに、部屋が明るいまま視界を遮ります。
ミラーフィルムと違い夜間でもカーテンを閉めることなく部屋の中が見えないプライバシーフィルムです。

関連記事