1. HOME
  2. ブログ
  3. コラム
  4. 外壁の汚れやコケはどうする?外壁掃除・洗浄の方法

column

コラム

コラム

外壁の汚れやコケはどうする?外壁掃除・洗浄の方法



         

「なんだか外壁が汚れてきたな…」年月が経てば、どんな家でも汚れてきます。

汚れが気になったら外壁掃除を考えると思いますが、どのように洗浄すればよいのでしょうか。

外壁掃除は業者に依頼しなくても、ある程度は自分でも可能です。

ただし自分で掃除をするのは手間も時間もかかり、危険が伴うので注意が必要

もちろん業者に依頼したほうがキレイになりますので、汚れ具合や汚れの場所によっては業者に依頼することを考えましょう。

外壁の汚れが気になる方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

汚れではなく、外壁の色あせや劣化などの場合は、外壁塗装が必要となります。

外壁塗装は確かな腕を持つ職人に依頼することが大切。当サイト「塗装匠ナビ」で紹介する塗装業者は全国の精鋭揃いですので、安心してご用命ください。

そもそも外壁掃除をしなければならないのか?

「外壁が汚れてきても、家主が気にしなければ放置でいい」と思っていませんか。

外壁の汚れは、見栄えの悪さだけでなく、外壁の劣化を進行させる危険性があります。放置すると建物内部まで汚れが浸食し、深刻な事態を招く場合も

外壁を洗浄することで、建物の寿命が伸びることが期待できるので、外壁の汚れは放置せず、洗浄するほうがよいでしょう。

ただし2階建て以上の場合、上の方の洗浄はしにくいうえ、危険も伴うので注意してください。

外壁掃除はどうやってする?洗浄方法などを解説

外壁汚れを落とすには、まず水で流します。水だけで落ちるものもありますが、なかなか落ちないものは、スポンジやモップ、ブラシなどを使いやさしく擦ってください。

その際必ず、柔らかいスポンジやモップなどでやさしく擦ること。

硬い面やメラミンスポンジ、ブラシなどで強く擦ると、外壁塗膜が剥がれてしまい外壁が破損する恐れがあるので、くれぐれもやさしく擦ってください。

塗膜が剥がれると、外壁にじわじわと水が染みてしまう恐れがあります。

スポンジなどで擦っても落ちない時は、外壁用のクリーナーや中性洗剤を使用してみましょう。

外壁用クリーナーはホームセンターやネットなどで簡単に手に入れることができ、汚れやコケを落とすだけでなく、防カビ・防コケの効果もありオススメです。

高所の外壁掃除はどうやる?

外壁掃除で一番苦労するのは、高い場所の洗浄でしょう。

柄の長いブラシなども販売されていますが、長いものはしなってしまい力が入りにくいです。

またハシゴなどを使う場合、危険を伴います。ハシゴを利用する場合は、必ず下で支える人が必要です。脚立も不安定ですので、細心の注意をしてください。

高所の外壁掃除は、できるだけ業者に依頼したほうがいいでしょう。

高圧洗浄機で外壁洗浄!ポイントや注意点

ホームセンターなどでも手に入れられる高圧洗浄機。高圧洗浄機は、水圧で汚れを落とす機械です。

高圧洗浄機を使って外壁掃除をする人も多いですよね。高圧洗浄機なら強い水圧で外壁汚れ
を簡単に剥がすことができます。しかし水圧が強すぎると、外壁を傷めてしまったり塗装がはがれてしまったりする場合がありますので、注意してください。

また市販の家庭用高圧洗浄機は、水圧が極端に弱いものや圧力の調整ができないものがありますが、2.0~7.4MPaほどの圧力を調整できるものが使いやすいでしょう。

外壁掃除はどれくらい時間がかかる?

外壁掃除を業者に依頼すると、半日~1日程度の時間がかかります。もちろん家の大きさや汚れ具合によってかかる時間は違います。

自分で外壁洗浄をする場合は、プロ以上に時間がかかります。数日に分けて洗浄したほうがよいかもしれませんね。

まとめ

外壁掃除は自分でもできますが、高所の作業は大変危険です。無理をせずケガのないように洗浄してください。

また外壁掃除をする場合は強く擦らず、必ずスポンジなどでやさしく擦りましょう。外壁用洗浄剤や中性洗剤の使用も有効です。

外壁を強く擦りすぎたり高圧洗浄の水圧が強すぎたりすると、外壁を傷めてしまったり必要な塗装を剥がしてしまったりする場合があります。

塗装が剥がれてしまうと、外壁にじわじわと水が染みてしまいますので、注意をしながら洗浄してください。

外壁洗浄もできるだけ業者に依頼することをオススメします。

関連記事